忍者ブログ
  • 2019.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.09
【2013年5/8-その2】震源球があったので・・・
震源球が無いと思っていましたが、浜球屋さんが確保しておりました。
さすが専門職!



前項で触れた後者の予想通りでした。
普通に2009年8/11の余震扱いで良いかと。
掛かる応力=ほぼ南北の圧力軸=が同じでも、
横ずれにも逆断層にもなり得るという事は、
前項で触れた通り。

どちらになるかは、スラブ内発震ということもあり、
弱面の在り方に支配される可能性が一つ。

もう一つは、周辺P境界面の固着性との関連。
固着の強さや、この震源との位置関係によっても、
どちらのパターンになりやすいか傾向が変わります。

2009年とメカニズム解が変化していないという点は、
周辺の上記要素が変化していない・・・
・・・という判断材料に使えそうです。

拍手[0回]

【2013/05/08 20:08 】 | 地震
PR
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>