忍者ブログ
  • 2019.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.09
【地震】御前崎付近のデータを頂いて・・・
久しぶりな気がしますが、メールにて依頼?が・・・

2013-07-31 11:01:03.86  0.12   34.720  0.29  138.148  0.38    12.2   1.3  1.8V
2013-08-23 04:12:31.50  0.10   34.650  0.26  138.154  0.25    17.1   0.7  0.8V 
2013-08-23 05:10:49.53  0.12   34.678  0.29  138.151  0.40    13.1   1.1  0.9V 
2013-08-23 15:12:04.70  0.10   34.679  0.28  138.147  0.35    12.2   1.1  1.9V
2013-08-26 00:32:31.28  0.11   34.673  0.27  138.149  0.33    13.7   1.0  1.2V
2013-08-27 16:43:21.07  0.13   34.674  0.31  138.153  0.41    14.1   1.1  1.0V

文系脳には悩ましい数字の羅列w
しかも、今までの数値の並びとは違うという・・・
日時・緯度経度・深さ・規模
なんとなく判りますが、間に入る微妙な数値とか、
お尻に付いているVって何を意味しているんだろうね?
判らないところはひとまず置いて・・見やすく整理してみます

34.720   138.148      12.2km   M1.8     2013-07-31 11:01:03
34.650   138.154      17.1km   M0.8     2013-08-23 04:12:31
34.678   138.151   13.1km  M0.9    2013-08-23 05:10:49 
34.679   138.147   12.2km   M1.9    2013-08-23 15:12:04   
34.673   138.149       13.7km   M1.2    2013-08-26 00:32:31
34.674   138.153       14.1km   M1.0    2013-08-27 16:43:21

結構、発生時期が飛んでいるのと、
1つ深さが飛んでいるのが印象的

Google mapで凡その位置を見ると・・・御前崎市
Hi-netのmapにも出ていた珍しい(たぶん)震源のヤツね。

作図

日時の飛んでいるやつは、規模や深さが似通っているものの、
震央が北に離れて牧の原市寄り。

深さが飛んでいる方は震央位置に離れがあるものの、
発生時刻はそれ以降の連発に近い。
ん~影響したのかどうか微妙ですが(後述

3つ目以降のまとまり発震については、
たった4つからですがイメージ図として右側に添付
もっと鉛直に描きたかったけど、画力不足。

この断層イメージの傾きからは、
プレート境界面の傾きと明らかな違いがあり、
また、震央付近の境界面深さを考慮すれば、
恐らくは陸側地殻内での発震。
(1,3,4,5,6)

2の深さ17kmのみ、
境界面より深いフィリピン海スラブ内

断層割れがプレート間を跨いで連続するというのは、
基本的にありませんので(完全にゼロとは言いませんが)、
位置も時期も飛んでいる1は別として、
PHスラブ内の2は単独微細発震
3-6は影響し合うまとまった発震

まぁこの辺りに応力の影響が掛かるというのは、
あまり気持ちの良い感じはしませんが、
規模が小さいので、
判りやすい程の地殻変動数値として表現されるかどうか…

------------------
と、ここまで来てHi-netの震源マップと見比べ、
違いに気づきましたw

メル主はこれまでHi-netのデータを届けてくれていたのですが、
今回はちょっと違う=気象庁一元化?っぽいですね。

拍手[0回]

【2013/08/29 23:12 】 | 地震
PR
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>